1. HOME
  2. ブログ
  3. まずは素直に受け取ってみよう

まずは素直に受け取ってみよう

 

今は情報が氾濫している時代です。
魚のさばき方だって、その料理法だって
ネットを当たれば大抵は動画付きでアップしてくれてたりします。

そして魚のさばき方も、調理方も
その地方や店の作法で随分と違うものです。

今目の前の人が教えてくれていることに
「別のところでは違うことを言われた」とイチイチ反応する人がいますが
教えたことに全力で取り組んでくれるのか心配になります。

このように過去や周りの情報に左右されて、今の目の前のことに集中できないことを「残骸がある」と表現しています。

残骸に邪魔されて成長できない、というわけです。

成長途上を自覚している方は
自己解釈をはさまず
言われたままにやってみることがすごく重要です。

もし言われたことが素直に受け入れられなくても

顔に出してはいけません。

これは今だけではなく、何年後、十何年後にあなたが自分の店を持った時もそうです。

お客様の話がいつでも必ず正確だとは限らないですね。

あなたはいちいちお客様の間違いを正さなくてもいいのです。

正してはいけない、と思っていてもいいでしょう。

そのための修業だと思ってみてもいいかもしれません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代々木上原 鮨武