1. HOME
  2. ブログ
  3. 「教える」ということ

「教える」ということ

後輩を教えているあなたに

飲食店は常に忙しいものですね。

お客様がいない時間でもやることは山のようにあります。

まして店が忙しくなるとなおさらです。

特に若い人は「あ、こうじゃない」とわかっていても

頭がパニックになっているので直せないのが当たり前です。

そんな時、ついつい後輩に怒りをぶつけていませんか?

若手だってその辺りはちゃんと見てますよ。

「あ、今○○さんまたイライラしてる。あーめんどくせ」てなもんです。

一方先輩の方は、マジメに若手を指導してると思っていますから

そんな後輩の態度に余計にカチンとくるわけです。

飲食店ではありがちなパターンですね。

こんなのはどうでしょう。

奥で洗い物をしてる若手に

「おい、もっとホールに気を配れよ!」なんて言ってませんか?

何回言っても『気を配れるようにならない』のではないですか?

逆に

洗い物をしながらホールに気を配れる人を

「あいつは出来るやつだ」なんて言っちゃってませんか?

さらに

「それに比べてあいつは全然ダメ。。」とかやってたら…。

あなたのお店では若手は育ちにくいと思ってください。

『気を配れない』と思っている若い人に『気を配れ』とどんなに怒鳴ってもできる様にはならないか、なったとしてもとーーても時間がかかりますね。

その代りにこう教えましょう。

  1. 『右足を45度開いて半身で洗い物をしてこらん。』
  2. 『出来るだけ手元を見ずに洗えるように頑張ろう。』
  3. 『顔はなるべくホールに向けて、ホールからの声をキャッチするんだよ。』
  4. 『大抵のことは洗い物より優先だから、指示の声やアクシデントの音が聞こえたら水を止めてホールに出てきて』

※「アクシデントの音」とはグラスが倒れる音や、お客様のクレームの声などです。

これで「何をすればいいか」が明確になり、見違えるように変わってきます。

もし一辺にやるのが無理なら①~④まで順番に練習させてあげればいいわけです。

仕事の内容を細かく分解して、その通りに動けるようにしてあげること。

「具体的な行動の仕方を教えること」です。

忙しい最中に怒鳴りつけるだけでは人は成長しません。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

代々木上原 鮨武