1. HOME
  2. ブログ
  3. 築地波除神社

築地波除神社

魚の仕入れは築地市場に出向きます。

市場の入口のひとつ、開港橋口の脇に「波除神社」があります。

鳥居をくぐると巨大な獅子舞が左右から睨みをきかせて

見かたによってはエンターテイメントを感じますが

1600年代はじめに建てらてた大変に由緒ある神社です。
IMG_1848

 

 

 

 

 

 

 

日本一大きな獅子舞だそうでつきじ獅子祭りの主役です。
あるのは頭だけ、体は大きすぎて入りきらなかったのでしょう。

本来は江戸湾埋め立て工事の安全と
漁師たちの豊漁を祈願して350年前
1659年に建立されたそうです。

今では商売の神様としてお参りする方も多いです。

買い出しに来た人がこの神社の前を通るときに
一礼していく光景をよく見ることができます。
私も月に一回くらいですがお参りしています。

この神社で興味深いのは
日々大量に消費される「魚」や「エビ」などに感謝する塚があることです。

これは海老塚
IMG_1845

 

 

 

 

 

 

 

これは玉子塚
IMG_1847

 

 

 

 

 

 

 

これは魚塚
IMG_1846

 

 

 

 

 

 

 

他に鮟鱇塚(アンコウ塚)なんて言うのもあります。

私たちは毎日彼らの命を頂戴して生きているわけです。

これらの塚は彼らの命に感謝するために建てられたものです。

たまにはここに来てそのことをあらためて感じる必要があります。

さて、この神社、私にとってはもう一つイベントがあります。

すし塚です。

小さくて見にくいけど
写真真ん中あたりに「毛利剛三」と
彫ってあります。
IMG_1844

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1843

 

 

 

 

 

 

 

私の大叔父です。

寿司商組合の会長でした。

古い職人さんはまだ憶えていらっしゃる方がいて
東京すしアカデミーで大先輩だった清水季彦先生も
「あなたがあの毛利さんの!」と喜んでくださいました。

この人の名前を見に来ることで

「今日も一生懸命がんばろう」

と力が湧いてくるきがするのです。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代々木上原 鮨武