この
   一貫のために
   
       

    

  『知識』
  『経験』
  『技』
  『情熱』
   

      
    すべては
    「旨い鮨」のために

   『旨い鮨』を
    食べていただきたい
       

      鮨武が求めるのは
       それだけです