この
   一貫のために
   
       

    

  『知識』
  『経験』
  『技』
  『情熱』
   

      
    すべては
    「旨い鮨」のために

   『旨い鮨』を
    食べていただきたい
       

      鮨武が求めるのは
       それだけです

最新のブログ記事

2018.11.11 2018.09.30 2018.10.01

お節の受付けはじまりました。

お知らせページはこちら→「お節の受付けはじまりました」 チラシ(PDF)はこちら→鮨武おせち のお知らせ(2019) 一の重 黒豆・田作り・数の子・昆布巻き・きんとん・伊達巻・ごぼう八幡巻・紅白なます・紅白かまぼこ 二...

「熟成」についての鮨武の気持ち②

世の中熟成流行り 気付けば多いですね、キーワード「熟成」。 「これからは鮨も熟成。今人気が出てきてる鮨店はぜんぶ熟成だよ」と親切に教えてくださるお客様もいます。 元々はアメリカにおいて、牛肉を美味しく食べるために研究さ...

築地市場ラストウィーク2018年10月6日まで

築地市場最後の一週間がはじまりました ついに最後の一週間です。 台風一過の良い天気なので眺めのいい場所に来ました。 ここ数年日本中を巻き込んで大騒ぎした東京中央市場の移転。 早い物ですね、3日の水曜日は休市なので営業日...

お知らせ

お知らせ一覧へ

徹底的にこだわり
シンプルに味わう

こだわり

魚の状態を見極める確かな目、
4代にわたって受け継がれてきた伝統の仕事。

それにもまして大切なのは

わずかな食材にまで
徹底的に旨さを追求することです。

食材への「こだわり」と「確かな技術」

それが鮨武の旨さを作りだします。

長野県八重原村。
鮨武のお米は、水と空気に恵まれたこの地で作られています。
契約している農家さんから、精米したての米を直接取り寄せ、炊き上げています。
鮨武の鮨の旨さの秘密は、こんなところにもあります。

鮨の旨さを最大限に引き出すためにかかせないもののひとつ、海苔。
海苔は、自然の影響を顕著に受けます。
鮨武では毎年「海苔会議」を開き、
その年の最高の海苔を吟味して使用しています。

旨い鮨にとって、山葵もまた主役のひとつといっていいでしょう。
鮨武の山葵は、静岡県中伊豆産の最高級、真妻山葵(まづまわさび)。
私が自ら買い付けに出向き、その美味しさに感動した山葵です。

おまかせで味わう

お食事

本日のおすすめを
余すところなく
お楽しみいただくため、
初めてのお客様には
コースでのお召し上がりを
おすすめしております。

おまかせコース

はじめにおつまみを数種類、その後、にぎりをお出しします。
つまみとにぎりの割合は2:8ほど。
鮨武では、あくまで”にぎり”が主役となっています。

本日のおすすめを贅沢に盛り込んだ「月」¥12960-
先ずは軽くという方にハーフサイズの「雪」¥8640-
握りのみをゆっくり味わいたい方のための「花」¥7820ー

もちろん、お好みでのお召し上がりも承っております。

お食事メニューへ

美味なる鮨とともに

お飲み物

その時季、それぞれの蔵元の
美味しい日本酒を取り揃えております。

その他、ワイン、焼酎、ウィスキーなど
ご用意しております。

お飲み物について

お飲物も時々に応じて
吟味しながら入れ替わってまいります。

「お茶とお鮨で」
そんなお客様も増えてきております。

お客様のお好みに合わせて
ご自由にお楽しみください。

お飲物のメニューへ